MONOLOG☆2
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/07/30 (Fri) ほ ん と は ★

忙しさに埋もれる、揉まれる、溺れる、殺される・・・。
ついに忙殺。もはや殺人事件です。姉さん事件です。
昨日も残業10時退社。先週に引続き今週もしんどいのです。

変なテンションで始まってすいません。
いつもの食べ記事も準備中ではあるのですが、最近お家には
タッチ&ゴー状態で寝に帰ってるような感じなもんで。

通勤時の読書も帰宅後の読書も進まない進まない。
図書館本ラッシュなのにどうしよう状態。
そんな折、毎日の通勤ラッシュの中において
やっとクライマックスに差し掛かってきていた
読みかけの本で、ぐっとくるポイントに出会う。


これよ、これなのよ。読書の醍醐味は。

改めて本を読む素晴らしさを感じられた瞬間。


そうきたか!と突拍子もない世界が始まる一行。
お前だったのか!と意外な人が敵とわかる一転。
何故貴方が?と悲しみに満ちた裏側を知る展開。
実はそうだった、と隠された大きな愛に触れる時。

そんな表現に出会う度に、本を読む幸せを噛み締める。
そんな表現に出会う為に、また本を読もうと思うのだ。


小さい頃はTVドラマを見る時にストーリーを
純粋に楽しめていたように思う。

大人は大人で、知識と経験の上で作品の内容を理解
できるようになって良い点もあるのだろうけれど。

幼少期は知らなかったドラマは通常1クールだとか、
何話目だから、まだあともう一悶着あるだろうとか、
余計な情報から展開を推測しようとしてしまうのだ。


本は手の中でもっと顕著に配分を推し量ってしまえる。

後これだけのページで結論に持っていけるのか?
まだどんでん返しが待ち受けているというのか?

電子書籍なら文章量やページ数が分かりづらいから、
逆に先入観なしにストーリーを楽しめるのだろうか?


けれど恐らく私は電子書籍には手を出さないと思う。
目が悪いから、目が悪くなりそうだから、ではなく。


活字と紙の塊。紙の質感。一冊の重み。
それらを手にした時のこれから始まる世界への期待。
やっぱり「本」が好き。


手に取ってもらえるように趣向を凝らされた色彩と
センスに包まれて、人々に読まれるのを待っている。

その本を読んでもらうために作家だけでなく様々な
人達の力を借りて一冊の本になったその姿を以って
一つの作品と成り得るのだと思うから。一期一会。


ジャケ買い、表紙買いという言葉があるように、
中身より外見が秀でていたり、

かなり内容が面白いのに自分好みではないため
手元に持って置きたくない本、

といった釣り合いの取れない本もあるとは思うけど。

結果はどうあれ世に生まれ出た本は作り手の想いを
一身に背負って書店に並んでいるのでしょうから。

その上で色眼鏡や先入観にとらわれず、
はたまた信頼できる人の意見に従って、
名作に出会えた時の喜びときたらもう!


並居る読書家の皆様方でさえ世の中の本全てに目を通す事は
不可能なのだし、なるべく良質な本に触れられるよう、日々
目を光らせて高まる活字熱を満足させていこうと思います。

なんだかいつもと違った真面目な記事を思う侭書いたので、
変な事件や美味しいものを期待している方はごめんなさい。


最近のイチオシは「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」
万城目学氏の第143回・直木賞候補作です。
大人から子供まで楽しめる素晴らしい一冊なので是非。


本当に本とは素晴らしいものですね。

ホントホント。ほんにのぅ。



壊れ、かけの、モモリー?


スポンサーサイト

読書・映画鑑賞記録 | trackback(0) | comment(0) |


2010/05/28 (Fri) アンダーグラウンド★アナザーサイド

「地上に出たら世界がセピア色だったんです。
ああ、老いって突然来るんだと思いました」


                                           千葉花子さん(仮名)当時45歳


千葉さんは当時東銀座の郵便局にて勤めていらして、日比谷線内で事件に遭われた。
被害は軽度で済んだものの、当初は何が起こったのかわからなかったという。
4月から就職を控えた娘さんと2人で千葉県北西部に住んでいたが、
現在は茨城県の実家の傍に家を持ち、犬と暮らしながら介護福祉士として働いている。
もうじき還暦を迎えようとしているとは思えないほど若々しく朗らかな方だった。
お話好きな方らしく、事件のことを事細かに振り返って話して下さったが、
時折話が想像もつかない方向へ飛ぶことがあり、不思議な感性をお持ちな方だと
印象に残っている。


読書・映画鑑賞記録 | trackback(0) | comment(0) |


2010/05/01 (Sat) ソ ラ ニ ン ☆ 新 宿

GW初日、久し振りに映画感謝デーの恩恵に与ってきました☆

映画は千円でしか観ないと決めているのに、レディースデーのある
水曜日はジムの日と決めているので中々映画に行く機会が生まれないのよね。

公開一ヶ月経つから混雑も落ち着いているだろうと余裕こいていたら、
ネット普及社会恐るべし、って感じで映画館の場所を再チェックしようと
前日にHPを見たところ、チケット残りわずかて!!

必死で確認したら最前列5席しかー!?でも丁度いい時間がそこだけだったから、
しょうがなく慌ててゲット。タッチの差で横並び2席はラストでした!
あっぶねー。運がイイのか悪いのか?


新宿は何だかんだでアウェーだし、東口自体あんまり行かないから、
アルタ前で待ち合わせしたのって人生二度目くらいかも(笑)

ウォークマン聴きながら短い信号待ちしてる時に、
真横で身振り手振り大きく私に話しかけるオッサンが居て、
ヘッドフォン片耳取って「ハイ~!?」と聞いても何言ってるのか
わかんなくて、凄いぜSONYのノイズキャンセリング!と思いつつ
両耳外したら「芸能プロダクションのものですが・・・」って、
登録料ですか!?AVですか!?未だにそういうキャッチ存在したんだ?
宮尾すすむばりに「ハイッ!」とぶった切って(古)、
再びノイズキャンセリングの世界に身を投じましたよ。

そんな前フリがあったのと、視力低下と、
元々真っ直ぐ前しか見て歩かないせいで待合せしてたのに
思いっきりスルーして止められました・・・。あわわ。


DSCN1790.jpg


てなわけで、観たのはソラニン。

公開一ヶ月なので、どんどん近場の映画館から終了していって、
アウェーの新宿まで来ちゃったのでした。行こうと思った場所が
ことごとくダメになってった時は、もう呪いかと思ったよ。

バンド経験者同士、原作読んだ代表、読んでない代表で観に行ってきましたが、
ネットレビューの酷評を聞いてしまってたおかげもあってか、
むしろ感動!!すごくよかったのです。

宮崎あおいちゃんの雰囲気もよかったけど、
サンボマスターのベースの近藤さん、めっちゃいい味だしてました。

ネタバレしないよう、あまり内容には触れませんが、
音楽好きな方、音楽に携わった方、
学生時代をつい振り返ってしまう方にはたまらない映画かと。

その日に原作を借りて読んだのですが、
すごーく忠実で驚きました!内容が完成され過ぎているので、
音楽PV出身の監督の初映画監督作品らしいし、
その世界観を大事にしてくれたんでしょうね。

不思議な撮り方してるなー、と思ったところって
原作読んだらホントまんまの構図になっていて、
漫画が絵コンテになってるみたい。

最後のライブシーン、たまりません。
アジカンが原作記載どおりの歌詞に曲をつけた「ソラニン」が
胸のド真ん中を駆け抜けていきました。

原作読むまで、歌詞が作中に書いてあるって知らなくて、
元々あった詩に曲をつけたものだと知ってびっくり!

更にEDテーマの「ムスタング」は、アジカンが原作ソラニンに
インスパイアされて作った曲らしく、そのリンクもすごい。
見終わった後のエンドロールのバックで流れているのを
いつまでも聞いていたかった。なかなか席を立てない感じでしたね。

原作読んだ代表、読んでない代表、どちらも満足の映画でした。
原作もとても良かった。

宮崎あおいちゃんの歌声は、果たしてEarthのCM通りなのかは秘密(笑)
観てない方は、DVDで要チェックやで☆


この映画観て、ソラニンが頭を離れなくなって、
CDをレンタルしたいのに、いっつも貸出中(><)何故に・・・?
悔しいからダウンロードの誘惑にも負けず、
絶対この店で借りてやるんだからっっ!!

あー、ギター弾けるようになりたいな。


読書・映画鑑賞記録 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

人は美味しいものを食べるだけでここまで幸せになれるという事を日々検証・実証中☆

モモ

Author:モモ
料理・スタバ・ヨガ・読書大好きな
食いしん坊&飲兵衛OLモモ☆
激しい暴飲暴食を週2のジムで
リセットして油断してまた食べる!
プロフ代理は田舎の愛犬ブコ♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ありがとカウンター☆

読書メーター☆

モモの最近読んだ本

検索ちゃん☆

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

↑気が向いたら押してみよう!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。