MONOLOG☆2
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/06/14 (Fri) ハモニカクリームズLIVE☆高円寺JIROKICHI

前回記事に書いた通り、高円寺に降り立った目的である
「ハモニカクリームズ」のライブに初参戦。


image.jpg


ケルトxブルースを日本人的感性による世界観を以って
一流の演奏でまとめ上げている素敵なアーティストグループ。

一度も耳にしていないのに誘われた時絶対行こうと思った。予感がした。
一度CDを耳にした途端、引き込まれてハマってしまった。予感通りに。



スポンサーサイト

ライブ記録 | comment(0) |


2013/04/25 (Thu) Superfly 5th Anniversary Live★さいたま

2度目のSuperflyライブに行って参りました☆
前回同様さいたまスーパーアリーナへ。(前回のレポ書いてなかったけどw)
だって小さいホールじゃチケット全然取れないんですもの。

初の生モノSuperflyは3thアルバム「Mind Travel」のツアー
だったんだけど、4th アルバム「Force」のツアーに行った人から
このツアーは絶対行った方がいいよ~と勧められてもやっぱり
小ホールツアーは取れずで撃沈。
このツアーは、っていうかSuperflyはどれも行った方がいい筈だよ!

何とかモノにした5th Anniversary Live 【GIVE ME TEN!!!!!】の
チケットの席が久々に良くて!!
さいたまなんてどーせ400レベルの上~の上の方でしょ?
舞い上がれ上の上~って感じでしょ?
なーんて、当日にコンビニ引き換えして直前確認したら
なーんと!200レベルのステージ寄り一列目だなんて!
ドジっこの法則でライブや映画用に作った眼鏡だってのに
例によって今回もライブの日に忘れたけど肉眼OKレベル!
首を思いっきり左に向ければ巨大スクリーンも丸見えだよ!

Give me tenとは、両手でハイタッチ!という意味だそうで。
そりゃあもう会場全員とハイタッチして回りたいくらい(一万六千人無理)
とにかく楽しめました、最初から最後まで!
前回ライブはタマシイレボリューションと同時にドーン!!と
会場中央の花道の真ん中から志帆ちゃんが飛び出してきて
いきなりテンション上がりまくりの大興奮だったけど、
今回は伸びやかな声でミドルナンバーのハロー・ハローからスタート。
緩やかでありながら、且つどんどん引き込まれていく歌声は流石!

5周年記念だからっておめでたい曲ばかりじゃなく、
色んな曲を演ろうと思うという言葉の通り、
ヒットナンバーばかり飛ばすのではなく、築き上げたSuperflyワールドを
片っ端から広げて見せてくれるようなラインナップに鳥肌立ちっぱなし!

とはいえしっとりナンバーは有名な曲ばかりで、
バラードももうちょっとあれこれ歌うのかと思いきや、
あの小さな体のどこにパワーが眠っているのかロックナンバーぶっ通しで
中々ハードなライブでした!ライブ前にゴージャスランチ頂いてから参戦したのに
終わったらしっかりお腹が空いちゃうくらいw

かなり聞きこんだおかげで唯一知らなかった曲は「凛」だけだった。
「マニフェスト」のカップリングでアルバム未収録曲じゃしょうがないか。
珍しくカヴァー曲がなかったのは5周年ライブは自曲勝負!だったのかしら。

今回とても可愛くて面白かったのが、「管一発ホーンズ」という
ホーンズ3人組。間一髪と掛けているわけですな?
出番がない曲の時に後ろでぎこちなく水玉シャツ三人が踊っているのは
何とも微笑ましくて良かった!
オジサマオニーサマ達を捕まえて失礼かもしれないけど☆

ストリングスもキレキレで恰好よすぎ!
ウォークマンで聞いてて嫌いまでは行かなくても何となく
普段聞きには仰々しすぎて飛ばしちゃう曲ってないですか?
「Deep-sea Fish Orchestra」が結構そうなんだけど、
やっぱり生で聞くべきものだからなんだと思う!
弦の響きと迫力、志帆ちゃんのパワフルな声が合わさって
圧巻の一言に尽きましたね。

アンコール一曲目のBeep!!では演奏陣皆がグラサンかけて踊るのが
面白くて曲の盛り上がりと共に会場全体がノリまくり!!
踊りを何となく覚えていたのは前回踊ったからだね。
Superflyでフリがある曲というと今回は演らなかった
「Dancin’ On The Fire」くらいかと思っていたらこの曲があったか。
勿論踊りましたぞ!

5周年経った今の気持ちを正直に告白してくれた志帆ちゃん。
今まで抱えてきたという葛藤はファンにとっては意外なもので、
この曲でSuperflyを知った、好きになったと
多くの人に言われているであろうヒットナンバー「愛をこめて花束を」は
本人にとっては未完全で不本意な形の発表であったこと。
それなのにこの曲がどんどん独り歩きして大きな存在になってしまい、
自分の思いとのギャップに戸惑って一時期歌えない時期もあったこと。
でも、この曲を聞いてとても嬉しそうにしてくれているお客さん、
見知らぬ同士で肩を組んで揺れてくれたり、大きく手を振ってくれる人達、
皆の中でとても大切な曲になっているのに、
この曲にこれ以上の何を求めていたのだろう、とハッとさせられたということ。
自分の気持ちが一部の違いもなくしっかり伝わるように、
ゆっくりと語ってくれた彼女が思いを込めて歌う「愛をこめて花束を」では
涙が零れました。
でも二番のサビでいきなりマイクを向けて皆に振るのは厳しかったかな!?
歌詞が混じってあやふやになっちゃって、皆自信なさげだったよw

音楽に対してはどこまでも貪欲なのにファンに対してはいつでも謙虚、
そんなところも志帆ちゃんの魅力。だからまたライブに行きたくなる。
自分はパワーを放出する側だと思っていたのに、こうして皆の前で
歌っていると逆にすごくパワーを貰えていると気付く、そう言ってくれる
志帆ちゃんからはやっぱりキラキラ輝くパワーを貰えているわけで、
ライブの相乗効果って本当に凄い。

あまりに終わった後の気分が良かったので、
行くべきか行かざるべきか迷っていたビアバーにまんまと
繰り出してしまったのでした!( ̄◇ ̄*)ノ=3

いつもなら迷わず行くところを何故迷うのか、
実は私、不注意な階段落ちにより大事じゃないレベルの
骨折をしていたから~(^^;)でたドジっこ!!
今回のライブはずっと座っている!という誓いは
あっという間に破られて座っていられたのは二曲だけでした★
予想通りの私らしい結末ですw
ま、先を見越して翌日お疲れ休みの有休を取ってあったから万事OKなのさ!

ライブ記録 | comment(0) |


2013/01/23 (Wed) DREAMS COME TRUE☆CONCERT TOUR '93


今年初のライブが控えている。
久々ドリ!相手に不足はない。

何故かワンダーランドのチケットはいつも取れなくて。
一昨年の20thライブぶり。
そんなに好きならFC入れよっていうのは置いといて。

今年の2月のライブだけど去年の7月には取れていて全然
ピンと来なかったけど月日の流れはあっという間だよねえ。

そして今回のライブは二度と戻りたくない期末の実力テスト的な
出題範囲全部!的な裏ドリワンダーランド!!略して裏ワン!!

うれしいたのしいとかLOVEx3とか歌ってやんないよ!
という昔からのファンには嬉しいラインナップ満載。垂涎。
しかし中弛みで離れたアルバムもあるので結局我慢しきれず
セトリを覗いてしまう始末。ふんふん、案外わかりそうだ。



思えば私の人生初ライブはドリだった。遥か昔高校時代。
ライブがまだコンサートって呼ばれてた90年代である。
ドリだってまだドリカムって呼ばれてたいわゆる全盛期。

NHK朝の連続テレビ小説の主題歌がインストではなく
初めて歌詞ありの歌謡曲になった「晴れたらいいね」と
ドリ初のコント番組【うれしたのし大好き】の主題歌の
「決戦は金曜日」の両A面シングルを聞きまくった時期。

その2曲を収録したアルバム、「The Swinging Star」が
とにかく良くて!好き過ぎて!まだ電話しか取る手段が
なかったコンサートチケットを取るべく、公衆電話だと
かかりやすいという都市伝説を信じて地元駅で隣同志の
電話BOXを陣取って、販売開始10時の10分前から
ひたすらカードを入れてはボタンを連打するを繰返した。
さすがにもうダイヤルの時代ではなかったからよかった。

本当に奇跡的なタイミングで開始と同時に親友が興奮気味に喋り出す!(喜)
隔てた透明な壁を叩きあう!プッシュボタンじゃなくてオペレーター!(笑)

電話でチケットを取れたのは後にも先にもそれが最後で、
最高に思い出深い初コンサートへの道が開けたのだった。


ライブ記録 | comment(0) |


2012/06/20 (Wed) YUKI LIVE “SOUNDS OF TEN”★東京ドーム

決して本調子ではなかったと思う。

裏返り、掠れる声。全盛期の彼女とは比べ物にならないくらい。


しかし彼女は言い訳なんてする筈もなく、

見守る皆の目はキラキラと綺麗に輝いて、

歌い、笑い、愛を受け止め、愛を投げ返してくる。

剛速球のキャッチボール。


ソロになってまた、魅せ方、聴かせ方、楽しませる事を

常に考えて成長し続けている彼女は凄い。

だからこそ、皆が彼女を愛し続けるのだ。



5周年ライブで彼女が言った、

「上手く歌おうとするのではなく、

少しでも皆の気持ちに届くように歌を歌いたい」という言葉は

いつまでも消えることなく彼女の歌を聴く度に思い返される。



私もそんな風に歌を歌いたい。



120506_205100.jpg


踊り、叫び、歌い、手を叩き、手を振り、笑い、


沢山のゆきんこ風船や、銀色の葉っぱ、

メッセージ入りのリボンが降ってきて、手を広げて受け止める。


時折涙するほど彼女の声が、歌が胸に突き刺さってきて、

その勢いと強さを身体が全部受け止めてから、

ゆっくりと時間をかけて染み渡って行った。



忘れられないライブを作り上げてくれた、

YUKIちゃんと会場の全員に感謝。


『今日は10周年のお祭りに来てくれてありがとう。
あなたは、わたしの一部です。
May YUKI be with you!!』

ライブ記録 | comment(0) |


2011/11/04 (Fri) ぴあ 39th FAREWELL LIVE★幕張メッセ

月末〆を越えたら少しは余裕が出来るだろうと
思っていたのに4連休を取りたい!とお休みしている
課員二人の分まで頑張って既に抜け殻になっております。

抜け殻になったのは今日の仕事のせいだけではなく、
きっと昨日一日が疲労を伴う程過酷とはいえ、
とても楽しかったからこそのギャップの激しさのせいも
あるかと思われます。


チケット情報誌「ぴあ」休刊によるイベントフェス、
39thフェアウェルライブに行って参りました!

しかし直前になって非常に焦る事態に陥る私。
同行予定の友が前の週からずっと風邪引いてんな~と
思っていたら、2日前になっても昨日より酷くなってる
気がすると呟いている始末。ひいい!?
懸念していたことが現実となり、前日に探せるようなら
代打を探してほしいとのお達しが。
月末の慌ただしい中、仕事も必死だけどメンバー探しも必死!
焦りに焦って方々に声を掛け、社内の可愛コちゃん達に
一斉メールでお願いしてみたら、奇特な、もとい有難くも優しい
一人の女神が現れたのでした…キラキラっ☆

翌日、しかも祝日のいきなりのお誘いだから
行きたいと思ってくれても予定がある人が殆どだろうし、
しかも8時間くらいの長丁場なので風邪っぴきや
体力に自信なさそうな人は声掛けづらいし…とか
様々な規制に縛られながらもかいくぐってきてくれて大感謝!


というわけで行って参りました!
しかし同じ県内と言っても2回の乗換え、
毎度のことながら乗り継ぎも良くなく、幕張は遠い。

自分メモとしてセットリストと感想を。


ライブ記録 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

人は美味しいものを食べるだけでここまで幸せになれるという事を日々検証・実証中☆

モモ

Author:モモ
料理・スタバ・ヨガ・読書大好きな
食いしん坊&飲兵衛OLモモ☆
激しい暴飲暴食を週2のジムで
リセットして油断してまた食べる!
プロフ代理は田舎の愛犬ブコ♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ありがとカウンター☆

読書メーター☆

モモの最近読んだ本

検索ちゃん☆

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

↑気が向いたら押してみよう!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。